JOYWOW裏日記


マネージャーりすこの目線で撮った写真を中心にお届けしています♪たまにJOYWOW裏話あり?
by shirokuro-risco

春の匂いで思い出すこと


気づけば3月も半ばを過ぎました。

今年は寒さが長引きましたが、
ようやく春を感じられる気候になってきましたね^^

オフィス前の大きな桜の木が花を咲かせてくれる日が
待ち遠しいです。




*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*


子供のころ、休みの日に父がよく、
自宅から徒歩40分くらいのところにある
○○牧場へ連れていってくれた。

牧場と言っても、今のようなオシャレなもの
ではなく、かなりワイルド。
牧場は最終目的地だけれど、
そこまでの道も自然がいっぱいで楽しめた。


そういえば、保育園の遠足でも
この牧場へ行ったことがある。

桃子ちゃんという子が、近くの家の大きな犬を挑発したあと
油断して背を向けたときに、お尻を噛まれて大泣きしたことを
今でも覚えている。

犬をバカにするからだよ、と完全に犬の味方だった
自分の気持ちも(笑)。


そしていつも父とは、赤い水筒にミルクティーを入れて
でかけた。
父も私もミルクティーが大好きだったから。


この牧場には今思うとけっこう色々な動物が居たなぁ。
牛や馬はもちろん、豚、山羊、羊、猪、ダチョウ、
アライグマ、アナグマ、孔雀、
鷹、ホロホロ鳥、にわとり、犬・・・。


ここへはたびたび動物を見たくて訪れたのだけれど、
木の柵を壊して突進してきた牛の群れや、
ダチョウやにわとりのボスに追われて
丘の上に逃げた恐怖体験は、
今思えばとてもいい思い出だ。

そして私がその牧場へ行きたいと思う一番の理由は、
鳥の羽を拾えるから・・・。

孔雀や水玉模様のホロホロ鳥の羽。

その他、飼っていたインコや道端で拾った私にとって
宝物だった様々な羽は、
お菓子の缶に入れて大切に収集していたのだが、
あるとき、母に気持ち悪いと捨てられてしまった(笑)。


今でも、春のうっすら寒い日に父とでかけた
その映像を思い出すたび、
匂いもいっしょによみがえる。


大人になると、季節の匂いを感じることが
少なくなってしまいがちだけれど、
こうして経験が思い出させてくれる。
匂いが経験を思い出させてくれる。

ありがたいことだ。



b0175874_16384547.png

※写真は昨年のオフィス前の桜の木。
# by shirokuro-risco | 2014-03-19 16:39

ちゃんとして。


横浜の空は雲が連なって
モクモク移動中

2月に入って大雪が降ったりと、
厳しい寒さやお天気が続いていますね。

それでも待ち遠しいカラフルな景色がひろがる
春まであと少し☆





.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜ .:*・゜.:*・゜




体調不良でボーっとしていた朝、
自宅の電話が鳴った。

ナンバーディスプレイとやらにしていないので、
相手が分からないまま、つい、
反射的に電話に出てしまった。


フレッツ光の勧誘。


今の住まいに入居する際、
違う会社を指定されていたので
私はフレッツ光を使っていない。

電話の相手は如何わしい声で
今よりも月3千円もお得ですよ。
設置も全てこちらがやるので、
奥様はなにもしなくていいんです。

って。

奥様じゃないけどね(-_-メ)


あまりにボーっとしていたことと、
巧みな話術にいつもなら考えられないの
だけれど、なぜか、OKしてしまった・・・。
心はザラついていたというのに。


電話を切ってから、目が覚めた。

何してるんだ私・・・(+_+)

もちろん、この甘い話には条件があったし、
相手もその説明をしたことをあらためて思い出した。
怖い。自分、怖いわ。。。


その後、工事の日程を決める前に
嘘をついて断った。

そのときの相手の電話対応の
まー酷かったことひどかったこと。
でも自分が悪いのだ。


あーバカバカ。
時間を無駄にした。
もぅー、嘘ついて気分悪い。

などなど自分をしばらく責めて
ま、いいか。断れたし、と思う事にした。


詐欺に引っ掛かる人って
きっとこういう時のこういう人だわ。
とか人ごとのように思ったり。


っていうか、しっかりしろ! じぶん!
と渇を入れたら、体調もみるみる良くなってきたのでした(笑)


何事も、受け身でいて舞いこむ
甘くておいしいものなんて無い。

自分で見つけて判断して、進むのみなのだ。


これって当たり前かもしれないけれど
色んなことに言えるのよね~(;一_一)


全然勉強が足りん!(笑)




b0175874_15303056.png

写真は気温3℃、水温6℃の昨日の海。
# by shirokuro-risco | 2014-02-12 15:32

耽る


10月に入り、
どこからか金木犀の香る
大好きな季節がやってきました♪

今日はぐっと気温が下がり、重たい空の横浜。

こういう日があるからこそ、美しい青空を見ることが
出来たときに、幸せを感じられますね。




○+゜*。゜○+゜*。゜○+゜*。゜○+゜*。゜○+゜*。゜○+゜*。゜○



最近、人とじっくりと話す時間に恵まれている。

そこで実感したこと。


人間らしく、可愛い人が私は好きなのだということ。
可愛いという表現が正しいかは分からない。
生き方に茶目っ気を感じる人、というか・・・。

性別は問わない。

そういう人たちはみんな、
自分の内側の声を聞き逃さない。

上手や器用であることに必要性を感じていない。
・・・ように見える。

そのあたりがとっても心地いいのだ。



与えられて与える

その繰り返しが自分の内側を育てる。
末は世界平和に繋がる。
大袈裟でなく。


こんなことを考えたり思ったり想像したり。
それもこの季節だからかな?(笑)



b0175874_166251.png


写真は雨の逗子・小坪漁港。
こういう景色をボーっと見て、また妄想を膨らませるのであった。。

# by shirokuro-risco | 2013-10-04 16:09

根っこのつながり


見上げると秋空にトンボ♪
空が高くなりました。

短いけれど大好きな季節は、
もう、すぐそこまで来ています^^


秋は不思議と身の回りが
変化する時期でもあります。

振り返ると、嫌な変化というのは無かったので
きっと今シーズンも良いコトしか起こらないのでしょう。
どうでしょう(笑)



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..


今日は人づき合いについてぼんやり振り返った。


友達は多ければいい
と思っていない。

そして、幼少のころから、
一対一で付き合うのが好きだった。



サンタクロースが来ないと真剣に悩み、
代わりにサンタさんへのプレゼントの依頼を
私にしてきたユカちゃん(ピンクのヘアバンド)


モンチッチ愛好家だった、
男の子だけど中身が女の子な双子の弟ヤス


一般的にやってはいけないことばかり
一緒にいつまでも貪欲にやりつづけてくれたなっちゃん


よく江の島へ貝殻を拾いに行ったみかちゃん


ロックを聴きながら
一緒に近い未来の話をたり服を作った
3兄弟の真ん中どんちゃん(型紙無し)


みんな一対一で楽しんだ友人たち。
どの思いでも愛おしい。


大人になってからは、自然と
根っこの同じ人との付き合いを好むようになった。
同じ匂いというか。

お互い余計な説明が要らないから、
話をしていても気持ちがいい。
この自分の「根っこ」感覚に従っていれば
ブレることはないのである。

面倒なしがらみも無い。


うえでご紹介した友人で
今でも繋がっているのはどんちゃんのみ。
彼は根っこが同じだと言える。
笑いのツボも似ているし^^


今はいまで、また別のお友達や好きな人たちがいて
それはそれは幸せなのである。

時の流れと共に。
そういうものでしょうね、きっと。


人は一人じゃ生きられない。
だからこそ、これからも数少ない大切な人々とつながっていたい。

ありがとうございます。

・・・だからって、生まれてきてくれて・・・とは言わないよ (´Д` )



b0175874_18155980.png


写真は6年前に空へいってしまったけれど
最愛のともだちのキキ。

# by shirokuro-risco | 2013-09-13 18:28

友達なんだ。


8月が近付いてきましたね。

まだまだ暑い日が続きそうな今年の夏、
自分の体の声を聞き逃さないようにしながら
楽しく過ごしたいですよね
058.gif



…+…☆…+…☆…+…☆…+…☆…+…☆…+…



この季節、バラエティーに富んだ虫たちとの
出会いも多いですね。

神奈川に越してからその種類はさらに増えた
と同時に、海のそばだから? なのか、
幼少のころには会ったことのなかった虫たちとの
出会いも増えました。


怖いもの知らずだった子供時代。
興味から割と多くの虫たちに
触れることができたけれど

大人になった今は……
触れない虫が増えますよね……。


やっぱり神奈川だから虫多いわね~なんて
思っていた矢先のこと。


山手線内、吊革につかまる私の右の頭あたりに
なんだか人々の視線を感じる。

その日は風が強かったので
髪がボーボーなのかしら?と、窓に映る
自分を見たら、なにやら大きな塊が……(°_°)


●●●●だったらどうしよう、と心臓バクバクしながら
よく見ると、けっこうなジャンボサイズのカナブンだった(*_*)


「バレッタ」タイプ。


電車を降りて、心の中で「バカヤロー!」と叫びながら
掴んだカナブンを遠くに、
それこそブン投げた(笑)のでした。


そのちょうど一週間後。

また乗り込んだ電車の中の人々の目が
私の首の下らへん
(ウルトラマンのピカピカのランプのあたり)
に集中していたので
嫌な予感がしてゆっくりと見下ろすと……

前回と全く同じくらいのジャンボサイズで綺麗な
深緑色のカナブンがとまっていました(T_T)


「ブローチ」タイプです。

今度は駅構内の窓のふちにそっと置きました。



こんな具合に夏は、都内でも油断すると
ところ構わず虫に好かれることがあるので
みなさんも、どうかくれぐれもお気をつけください。



b0175874_13545910.png

※写真はカナブンとは全く関係ありません。
# by shirokuro-risco | 2013-07-30 13:59